読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド競馬巡回記

Indian horse racing fan in Japan

インドの各競馬場について

インドの競馬について色々と情報を収集しています。体系的には日本の地方競馬が近いように思います。各競馬場ごとにレース体系があって、各競馬場で賞金にも差があります。

レース体系について。年齢別の路線は下の方に書き出したうちのクラシックだけ抜き出すと各競馬場の格付けは下の表のようになります。これだけ見るとムンバイ&プネーが格的に圧倒的最上位となります。インド三冠がムンバイ&プネーの2000ギニー・ダービー・セントレジャーで構成されていることからも分かります。

賞金について。条件戦はレーティングによりClass 1~5(ハイデラバードのみ3まで)に振り分けられており、賞金もClass 1が高く5は最下級となります。ただちょっと変わってるな、と思うのが未勝利戦(Maiden)の扱いで、日本だと500万下より賞金は安くなりますが、インドだと馬齢戦の価値がそもそも高い(エリートコース?)ようで賞金も未勝利=Class 1となっています。で、各競馬場の賞金を比較すると一転してムンバイ&プネーは下位となるのが面白いですね。ちなみに現在のレートだと1インドルピー=1.7円くらいのようです。

 1000ギニー2000ギニーオークスダービーセントレジャーClass 1(未勝利)最下級
ムンバイ&プネー Gr.1 Gr.1 Gr.1 Gr.1 Gr.1 228000 142250
チェンナイ Gr.2 Gr.2 Gr.1 Gr.1 Gr.2 585000 180000
バンガロール Gr.2 Gr.2 Gr.2 Gr.1 Gr.2 600000 123000
ハイデラバード Gr.2 Gr.2 Gr.2 Gr.1 Gr.2 540000 202501
コルカタ Gr.3 Gr.2 Gr.3 Gr.1 Gr.3 315000 157500
マイソール Gr.3 Gr.3   Gr.1   343015 170445
ウーティ Gr.3 Gr.2   Gr.1   322050 91200
デリー       Gr.3   200000 123000
参照

日付は過去のものです。

ムンバイ&プネー

  • 01/18 (Gr.3)1200 Poonawalla Million
  • 01/31 (Gr.3)1400 Breeders' Produce Stakes
  • 02/22 (Gr.1)1400 Poonewalla Breeders' Multi Million
  • 03/15 (Gr.3)1600 Breeders' Juvenile Colts' Championship
  • 03/15 (Gr.3)1600 Breeders' Juvenile Fillies' Championship
  • 08/23 (Gr.3)1400 F.D.Wadia Trophy
  • 09/20 (Gr.3)1600 S.A.Poonawalla Multi-Million
  • 10/11 (Gr.1)2000 Pune Derby
  • 12/13 (Gr.1)1600 Indian 1000 Guineas
  • 12/20 (Gr.1)1600 Indian 2000 Guineas
  • 01/04 (Gr.2)2000 Ramniwas Ramnarain Ruia Gold Cup
  • 01/18 (Gr.1)2400 Indian Oaks
  • 02/01 (Gr.1)2400 Indian Derby
  • 09/27 (Gr.1)2800 Indian St.Leger

チェンナイ&ウーティ

  • 12/24 (Gr.3)1200 Christmas Cup
  • 02/03 (Gr.3)1400 Madras Gold Vase
  • 03/18 (Gr.3)1600 Guindy Grand Prix
  • 04/24 (Gr.3)1400 Nilgiris 1000 Guineas
  • 05/01 (Gr.2)1400 Nilgiris 2000 Guineas
  • 05/08 (Gr.1)1600 Nilgiris Derby
  • 12/06 (Gr.2)1600 South India 1000 Guineas
  • 12/20 (Gr.2)1600 South India 2000 Guineas
  • 01/02 (Gr.1)2400 South India Oaks
  • 01/15 (Gr.1)2400 South India Derby
  • 02/24 (Gr.2)2800 South India St.Leger

 

ハイデラバード

  • 01/05 (Gr.3)1200 Byerly Turk Million
  • 01/12 (Gr.3)1200 Darley Arabian Million
  • 02/10 (Gr.3)1400 Golconda Juvenile Million
  • 02/16 (Gr.3)1400 Godolphin Barb Million
  • 02/23 (Gr.3)1400 Alcock Arabian Million
  • 08/24 (Gr.3)1600 Fillies Championship Stakes
  • 09/07 (Gr.3)1600 Colts Championship Stakes
  • 10/02 (Gr.1)2000 Golconda Deccan Derby
  • 11/23 (Gr.2)1600 Golconda 1000 Guineas
  • 12/07 (Gr.2)1600 Golconda 2000 Guineas
  • 01/05 (Gr.2)2400 Golconda Oaks
  • 01/25 (Gr.1)2400 Golconda Derby
  • 10/28 (Gr.2)2800 Golconda St.Leger

 

バンガロール

  • 02/14 (Gr.3)1200 Bangalore Winter Million
  • 03/14 (Gr.3)1400 Bangalore Juvenile Million
  • 05/24 (Gr.2)1400 Juvenile Million
  • 06/14 (Gr.1)1600 Fillies Championship Stakes
  • 06/21 (Gr.1)1600 Colts Championship Stakes
  • 06/28 (Gr.3)1200 Juvenile Sprinters' Million
  • 07/12 (Gr.1)2000 Derby Bangalore
  • 07/30 (Gr.3)1600 Bangalore Summer Million
  • 12/05 (Gr.2)1600 Bangalore 1000 Guineas
  • 12/12 (Gr.2)1600 Bangalore 2000 Guineas
  • 01/03 (Gr.2)2400 Bangalore Oaks
  • 01/26 (Gr.1)2400 Bangalore Derby
  • 07/19 (Gr.2)2800 Bangalore St.Leger

 

コルカタ

  • 01/24 (Gr.3)1400 Indian Champagne Stakes
  • 02/14 (Gr.2)1600 Calcutta Million
  • 10/04 (Gr.2)2000 Calcutta Monsoon Derby
  • 11/21 (Gr.3)1600 Calcutta 1000 Guineas
  • 12/05 (Gr.2)1600 Calcutta 2000 Guineas
  • 12/19 (Gr.3)1600 Calcutta Oaks
  • 01/11 (Gr.1)2400 Calcutta Derby
  • 03/08 (Gr.3)2800 Calcutta St.Leger

マイソール

  • 09/10 (Gr.3)1600 Mysore 1000 Guineas
  • 09/25 (Gr.3)1600 Mysore 2000 Guineas
  • 10/18 (Gr.1)2000 Mysore Derby

インドのサイアーランキング(非公式)

インドのサイアーランキングです。昨年も似たようなことをやっておりましたが今回は賞金も集計してみました。

集計期間は2016年11/1から2017年2/28まで。四半期よりちょっと長い。ウインレジェンドに良い部分で切り取った感はありますが、その前の半年分は9・10月が未集計なので追いつければ加算し、更にこの先も続けて完全版を目指します。

集計元はIndiarace.comのRESULTで、これを人力で集計しており、しかも時々ある賞金が空欄の時は推計しているので正確性はやや怪しいですが、そんなに乖離していないとも思っています。

順位馬名勝数重賞平均距離賞金
1 WIN LEGEND (JPN) 30 4 1490.0 52369603 SUNDAY SILENCE
2 PHOENIX TOWER(USA) 49 5 1287.8 52166264 CHESTER HOUSE
3 BURDEN OF PROOF(IRE) 49 3 1355.1 48198419 FAIRY KING
4 MULTIDIMENSIONAL (IRE) 50 7 1524.0 42717317 DANEHILL
5 REBUTTAL(USA) 41 0 1292.7 34764686 MR GREELEY
6 EXCELLENT ART(GB) 23 5 1239.1 29753181 PIVOTAL
7 ARAZAN(IRE) 50 5 1322.0 28970478 ANABAA
8 NOVERRE(USA) 49 2 1304.1 27181185 RAHY
9 ACE(IRE) 33 2 1351.5 22378802 DANEHILL
10 MULL OF KINTYRE(USA) 25 2 1336.0 21746551 DANZIG
11 WHATSTHESCRIPT(IRE) 23 2 1521.7 20759085 ROYAL APPLAUSE
12 VARENAR(FR) 25 0 1240.0 17368936 ROCK OF GIBRALTAR
13 DANCING FOREVER(USA) 24 1 1441.7 17176916 RAHY
14 ADMIRALOFTHEFLEET (USA) 17 1 1511.8 16914544 DANEHILL
15 SEDGEFIELD(USA) 24 0 1433.3 16356325 SMART STRIKE
16 GREEN COAST(IRE) 28 0 1210.7 16338627 GREEN DESERT
17 IKHTYAR(IRE) 10 2 1440.0 15431440 UNFUWAIN
18 TOP CLASS(USA) 24 0 1395.8 15320471 STORM CAT
19 CHEVALIER(IRE) 19 0 1300.0 12674598 DANEHILL
20 ARABIAN GULF(GB) 31 0 1367.7 12335875 SADLERS WELLS
21 LORD ADMIRAL(USA) 15 0 1260.0 12331789 EL PRADO
22 AUSSIE RULES 2 2 2000.0 11765659 DANEHILL
23 TARIQ(GB) 15 1 1313.3 10780667 KYLLACHY
24 KINGDA KA(AUS) 19 0 1510.5 10590626 FLYING SPUR
25 GASWAR(GB) 14 0 1271.4 10088532 SHADEED
26 CHARMO (FR) 12 0 1275.0 9998755 CHARNWOOD FOREST
27 ABBEYSIDE(GB) 13 0 1392.3 9979332 DANEHILL DANCER
28 CHINA VISIT(USA) 13 0 1392.3 9975678 RED RANSOM
29 GLORY OF DANCER(GB) 13 0 1269.2 9776756 SHAREEF DANCER
30 LUCIFER SAM (USA) 18 0 1227.8 9569118 STORM CAT
31 STERN OPINION(USA) 16 0 1187.5 9435196 MIZZEN MAST
32 CHINESE WHISPER(IRE) 20 0 1245.0 9336198 MONTJEU
33 RED GIANT 1 1 2400.0 9030533 GIANTS CAUSEWAY
34 MR MELLON(USA) 11 0 1245.5 8232356 RED RANSOM
35 ROYAL GLADIATOR 10 0 1510.0 8114722 HONOUR AND GLORY
36 OATH(IRE) 20 0 1285.0 8058391 FAIRY KING
37 SUSSEX(GB) 11 0 1409.1 8001690 DANEHILL
38 ROI MAUDIT(USA) 21 0 1185.7 7979787 ELUSIVE QUALITY
39 WESTERN ARISTOCRAT(USA) 6 1 1250.0 7659057 MR GREELEY
40 DECLARATION OF WAR(IRE) 9 0 1344.4 6978972 OKAWANGO

合計1267レース分で平均距離は1338.9m。

有力なのはデインヒル系かな?インド特有ってのは目立たなくてウインレジェンドが異端に含まれそうなくらい。ウインレジェンドの母父もそうだけどブラッシンググルーム系が結構重要なような気がします。逆に芝オンリーの為かボールドルーラー系が皆無。

輸入種牡馬ばかりでインドで走っていた馬だと35位のROYAL GLADIATORが最上位。ただこのROYAL GLADIATORがリローンチ系なのが羨ましい。シーキングザダイヤ産駒のQUASARはどうなるでしょうか。

DESERT GOD ドバイへ

インドの現役最強馬DESERT GODがドバイワールドカップカーニバルに参戦するようです。

Desert God heads to Dubai: The Champion Horse of the Indian Racing Circuit Desert God will be participating in the Dubai Racing Carnival this year on invitation.

http://www.indiarace.com/recentnews.aspx?Id=961

 

DESERT GODの最初の活躍は昨年のDerby Bangalore(G1)で2着になったところでしょうか。このレースでは10番人気だったウインドレジェンド産駒・ANGEL DUSTの大駆けに屈して2着に敗れたわけですが、DESERT GOD自身もこの時は4番人気。その後の成績は以下の通りで、途中1つ敗れましたが現在9連勝中。

  • 2着 Derby Bangalore(Gr.1)
  • 1着 Deccan Colts Championship Stakes (Gr.3)
  • 1着 Deccan Derby (Gr.1)
  • 3着 Mysore Derby (Gr.1)
  • 1着 Calcutta 2000 Guineas(Gr.2)
  • 1着 Calcutta Derby Stakes (Gr.1)
  • 1着 Indian Derby (Gr.1)
  • 1着 Indian Turf Invitation Cup (Gr.1)
  • 1着 Krishnaraja Wadiyar Cup
  • 1着 Maharaja's Gold Cup (Gr.2)
  • 1着 Bangalore St. Leger (Gr.2)
  • 1着 President Of India Gold Cup (Gr.1)
  • 1着 Indian St. Leger (Gr.1)

    Horse Statistics

この馬の素晴らしさはIndian Derby (Gr.1)で世代チャンピオンになった後、Indian Turf Invitation Cup (Gr.1)にて上の世代の最強馬QUASAR(シーキングザダイヤ産駒)を直接ねじ伏せたことにあると思います。見事な叩き合いの名勝負だったのでQUASARはどこかでリターンマッチを挑んでも良かったように思いますが、レース後引退してしまいました。なのでDESERT GODから見ると、勝負付けの済んだ馬との対戦ばかりになってしまっていたので海外遠征ってのは面白いと思います。

具体的にどのレースを目標にするのかわかりませんがドバイシティーオブゴールドあたりならIndian Turf Invitation Cupには出走できず下の世代との対戦が遅くなってしまうことになり少し残念かも。

www.youtube.com

血統的にはインドでは兄妹たちも活躍しており

  • BORSALINO(父Choisir)3つ上牡馬。
    Derby Bangalore(Gr.1)1着、Mysore Derby (Gr.1)1着
  • SUR LA TETE(父Burden of Proof)2つ上牝馬
    Golconda Oaks (Gr.2)1着
  • TORCH BEARER(父Burden of Proof)1つ上セン馬。
    Calcutta 2000 Guineas (Gr.3)2着、Calcutta Derby Stakes (Gr.1)3着、Bangalore St.Leger (Gr.2)2着、 QUASARとは5度対戦し1度も先着できず。
  • SANG ROYAL(父Burden of Proof)1つ下牝馬。2勝。

DESERT GODは父Burden of Proofです。

Desert God Horse Pedigree

ハイデラバード競馬場

参考文献

日本語

英語

公式サイト Hyderabad Race Club

要するに、夏の方が外回りのコースを使い右回りで一周約2250m、直線は550m。一番の名物レースはデカンダービー、という感じでしょうか。

地理

どまんなか。ハイデラバードはデカン高原中央部にあり標高も500mほどの結構な高地ですが、とっても暑い模様です。

開催時期

  • Monsoon Season 7月~10月(2015年は7/16~10/26 28日219レース)
  • Winter Season 11月~2月(2015-16は11/1~2/28 34日286レース)

ということで現在はお休み期間中。

重賞(2015年のデータ。(BAN)(MUM)は他場所属馬)

3歳戦

  • 01/05 (Gr.3)1200 Byerly Turk Million WOMAN O WAR
  • 01/12 (Gr.3)1200 Darley Arabian Million VIJAYS JOY
  • 02/10 (Gr.3)1400 Golconda Juvenile Million WOMAN O WAR
  • 02/16 (Gr.3)1400 Godolphin Barb Million ARECA WONDER(BAN)
  • 02/23 (Gr.3)1400 Alcock Arabian Million KING CHARLES
  • 08/24 (Gr.3)1600 Fillies Championship Stakes WOMAN O WAR
  • 09/07 (Gr.3)1600 Colts Championship Stakes DESERT GOD(BAN)
  • 10/02 (Gr.1)2000 Golconda Deccan Derby DESERT GOD(BAN)
  • 11/23 (Gr.2)1600 Golconda 1000 Guineas INTELLIGENCE(MUM
  • 12/07 (Gr.2)1600 Golconda 2000 Guineas KING CHARLES

4歳戦

  • 01/05 (Gr.2)2400 Golconda Oaks LAURITA(MUM
  • 01/25 (Gr.1)2400 Golconda Derby QUASAR(MUM
  • 10/28 (Gr.2)2800 Golconda St.Leger QUASAR(MUM

古馬

  • 01/31 (Gr.3)1200 Kakatiya Million UN UN UN
  • 08/23 (Gr.2)2000 Nizam's Gold Cup DARE TO DREAM
  • 09/13 (Gr.1)2400 President of India Gold Cup QUASAR(MUM
よく整備されていると思います。立地的にも他場からの遠征も多い模様。

コースレコード

  • 1000m 0:58:31
  • 1100m 1:04.53
  • 1200m 1:11.47
  • 1400m 1:25.19
  • 1600m 1:37.86
  • 1800m 1:49.95
  • 2000m 2:03.91
  • 2200m 2:17.87
  • 2400m 2:28.07
  • 2800m 2.56.72

ところどころhttp://www.hydraces.com/track-records.phpと違いますがどちらが正しいのか不明です。日本と比べると格段に遅いですが、インドの中でも一番時計のかかる馬場のようです。

種牡馬成績(2015年7/16~2016年2/28)

  1. NOVERRE(USA) 27勝(2着35回)
  2. GASWAR(GB) 18勝(2着14回)
  3. REBUTTAL(USA) 16勝(2着18回)
  4. BURDEN OF PROOF(IRE) 15勝(2着6回)
  5. KINGDA KA(AUS) 14勝(2着9回)
  6. VARENAR(FR) 14勝(2着6回)
  7. MULL OF KINTYRE(USA) 13勝(2着17回)
  8. ROI MAUDIT(USA) 13勝(2着17回)
  9. C P WEST(USA) 13勝(2着8回)
  10. ACE(IRE) 13勝(2着7回)
  11. ARAZAN(IRE) 13勝(2着6回)

NOVERRE(USA)がダントツの1位。父はRAHY。2位のGASWAR(GB)は他場では振るわず1着2着の半数近くをハイデラバード競馬場で稼いでいます。こちらはNIJINSKY系。ともに時計のかかる馬場で強い感があります。ちなみにWIN LEGEND(JPN)は5勝(2着2回)

インド種牡馬事典不完全版

チェンナイの集計を見て気になって競馬場ごとの成績を集計していて気付きましたが以前の「インド競馬におけるウインレジェンドの立ち位置について」の数字はデリーでの結果がすっぽり抜けて落ちていました。なので2015年5月~2016年1月まで1951レースでなく、デリーでの174レースを除いた計1777レース分の集計でした。内訳は

f:id:domino:20160223201055p:plain

となります。ムンバイとプネーは管轄が同じなので開催期間はかぶりません。

距離別の傾向として1200mまでで約5割、1600mまでで9割を超える短距離天国です。下級条件はほぼ短距離ですね。

f:id:domino:20160223200610p:plain

4月まで行けば丸一年分になるのでそこで集計し直すとして、ここまでの集計の距離別、競馬場別の成績をグラフを作った4頭分だけピックアップ。相変わらず順位は勝利数順です。

1位 BURDEN OF PROOF(IRE) 1着93回、2着85回

f:id:domino:20160219114511p:plain

f:id:domino:20160222183827p:plain

 重賞 12勝

  • DESERT GOD(Gr.1 The Deccan Derby、Gr.1 The Calcutta Derby Stakes、Gr.2 The Calcutta 2000 Guineas、Gr.3 The Deccan Colts Championship Stakes)
  • NEW ALLIANCE(Gr.2 The Bangalore Oaks、Gr.3 The Karnataka Racehorse Owners' Association Mysore 1000 Guineas)
  • BRILLIANT CUT(Gr.2 The Bangalore 2000 Guineas)
  • ACCLAIMED(Gr.3 The Mysore Dasara Sprint Championship、Gr.3 The H.H.Sri Krishnaraja Wadiyar Memorial Trophy)
  • SCHIAVONE(Gr.3 The New Year Cup)
  • PROSPERO(Gr.3 The Byrely Turk Million)
  • AGOSTINI(Gr.3 The Governor's Cup)

 

2位 PHOENIX TOWER(USA)

f:id:domino:20160308144236p:plain

f:id:domino:20160308144442p:plain

重賞 6勝

  • PHOENIX TIGERGr.1 The Colts Championship Stakes、Gr.1 The Deltin Casinos Indian 2000 Guineas)
  • MOGADISHU(Gr.1 The Mysore Derby 2015)
  • NESTO(Gr.3 The Sprinters Trial Stakes)
  • DANCING PHOENIXGr.3 The Calcutta Champions' Sprint Trophy)
  • COSTA DEL SOL(Gr.3 The F D Wadia Trophy)

 

 

4位 MULTIDIMENSIONAL(IRE)

f:id:domino:20160308113601p:plain

f:id:domino:20160308113803p:plain

重賞 3勝

  • MYRTLEWOOD(Gr.1 The Villoo Poonawalla Indian Oaks、Gr.1 The Eat India Company Indian 1000 Guineas
  • ADAM(Gr.3 The Pune Bookmakers' Association Turf Club Trophy)

 

7位 WIN LEGEND(JPN) 1着43回、2着22回

f:id:domino:20160220102431p:plain

f:id:domino:20160222184035p:plain

重賞 2勝

  • ANGEL DUST(Gr.1 The Garuda Bangalore Derby、Gr.1 The Kingfisher Derby Bangalore)

 こうやって見るとMULTIDIMENSIONAL(IRE)の万能感が素晴らしい。WIN LEGENDはまだ産駒数が少なくて殆ど所属馬がいない競馬場もあるので偏った結果になりました。先日判明したANGEL DUSTの繰り上がりも反映されていません。

海外競馬巡回記(インド競馬編)その2

インドの競馬総合情報サイト「Indiarace.com 」が先日チェンナイ競馬場にも対応するようになりました。ということは春のウーティでの競馬にも対応するのでしょう。この2つの競馬場について、ネット上の巡回にて知り得たことを私なりにまとめてみます。

チェンナイ、ウーティは「Madras Race Club」が管理しているようです。使い勝手は問題ないのですが、ただこのサイトは新しいのか2015年10月30日より前の過去成績が残っていなくて、種牡馬成績のカウントの面で厳しいです。

また、この2場は「Indiarace.com 」に最近登場したように、他の競馬場との交流が極めて少ないようです。重賞や馬齢戦は地元(チェンナイ・ウーティ育ち)のエリート馬が走り、条件戦はエリートになれなかった馬と、バンガロール等他の競馬場からの移籍組が走っている印象があります。そのエリート組の種牡馬が偏っているので種牡馬成績も特殊感があります。

さらに、チェンナイはさほどでもないですが、ウーティの方は短期間に集中開催され、昨年は4月14日から6月23日までの約70日間の期間に32日開催されています。その期間にエリート馬が走ることになる馬齢戦が多く、しかもどの馬も出走しまくる(9-c族のRazzle Tazzleで数えてみたらこの期間に17回出走していました)という特殊感もあります。

この2つの特殊感によりチェンナイ、ウーティでの種牡馬成績も特殊です。1着2着になった馬のうち8頭分の血統が把握できていないので完璧ではないですが2015年4月14日から2016年2月25日までのチェンナイ、ウーティでの590レース分の種牡馬成績は

f:id:domino:20160303150426p:plain

という感じで「インド競馬におけるウインレジェンドの立ち位置について」で集計したのとは大いに異なります。3歳戦4歳戦はALWAYS A RAINBOW(CAN)産駒とMARCUS ANDRONICUS(USA)産駒とDECADO(IRE)産駒とで交互に勝ち負けしている感じです。WIN LEGEND(JPN)産駒は3頭ほどしかいないようで1着2回、2着5回にとどまっています。

さて交流が少ないと申しましたが今週末の3/5と3/6は他場から競走馬を招き多数の重賞が開催されます。その1つのThe Indian Turf Invitation Cup (Gr.1)ではシーキングザダイヤ産駒のQUASARとウインレジェンド産駒のANGEL DUSTの対決も見ることができそうで(→RaceCard)本当に楽しみです。

  • The Hindu Sprinter's Cup (Gr.1) 1200m
  • The Villoo Poonawalla Stayer's Cup (Gr.1) 3000m
  • The Maj.P.K.Mehra Memorial Super Mile Cup (Gr.1) 1600m
  • The Suresh Mahindra Multi-Million Trophy (Gr.2) 1400m
  • The Indian Turf Invitation Cup (Gr.1) 2400m

インド競馬におけるウインレジェンドの立ち位置について

インド競馬におけるウインレジェンドの立ち位置を探るべく各種牡馬の1着2着回数を数えてみました。インドはだいたい5~10月期と2歳戦の始まる11~4月期に分かれるようなのですが今回の集計は2015年5月~2016年1月分です。競馬場はバンガロール、マイソール、ムンバイ、プネー、ハイデラバード、カルカッタ、デリーでのレース分で計1951レース分です。この期間にチェンナイとウーティでもレースは開催されているのですが集計がやや困難で省いています。

  1. BURDEN OF PROOF(IRE) 1着93回、2着85回 (1992生 父FAIRY KING
  2. PHOENIX TOWER(USA) 1着91回、2着68回 (2006生 父CHESTER HOUSE)
  3. NOVERRE(USA) 1着77回、2着84回 (1998生 父RAHY
  4. MULTIDIMENSIONAL(IRE) 1着74回、2着60回 (2003生 父DANEHILL
  5. ARAZAN(IRE) 1着68回、2着52回 (2006生 父ANABAA
  6. ACE(IRE) 1着47回、2着58回 (2001生 父DANEHILL
  7. WIN LEGEND(JPN) 1着43回、2着22回 (2003生 父SUNDAY SILENCE
  8. GLORY OF DANCER(GB) 1着41回、2着57回 (1993生 父SHAREEF DANCER
  9. REBUTTAL(USA) 1着41回、2着50回 (2002生 父MR GREELEY)
  10. MULL OF KINTYRE(USA)1着38回、2着47回 (1997生 父DANZIG
  11. OATH(IRE) 1着38回、2着47回 (1996生 父FAIRY KING
  12. CHEVALIER(IRE) 1着35回、2着36回 (2000生 父DANEHILL
  13. GASWAR(GB) 1着35回、2着22回 (1991生 父SHADEED)
  14. PLACERVILLE(USA) 1着34回、2着19回 (1990生 父MR. PROSPECTOR
  15. SEDGEFIELD(USA) 1着33回、2着24回 (2004生 父SMART STRIKE
  16. KINGDA KA(AUS) 1着32回、2着39回 (2004生 父FLYING SPUR)
  17. ARABIAN GULF(GB) 1着32回、2着30回 (2004生 父SADLERS WELLS)
  18. VARENAR(FR) 1着32回、2着16回 (2006生 父ROCK OF GIBRALTAR
  19. CHINA VISIT(USA) 1着29回、2着32回 (1997生 父RED RANSOM
  20. MR MELLON(USA) 1着27回、2着20回 (1999生 父RED RANSOM

 ということで期間内だとウインレジェンドは勝利数で7位!

1着数に比べ2着数がかなり少ないのは「勝負強い」「世代数が少ない(今で3世代目かな)」あたりが理由なのでしょうか。今後世代数を重ねていくとリーディングも夢ではないと思われます。

日本では厳しかったOATHも健闘しています。父が同じBURDEN OF PROOFがめっちゃ強い(勝利数1位。期間内に重賞12勝!)ので日本よりは向いていたのでしょうか。

ちなみに以前のインドでの種牡馬ランキングだと「Racing & Breeding」にデータがあります。ウインレジェンドがファーストシーズンの時のデータのようです。

おまけです。データ収集困難なチェンナイのうち判明している2015/10/30~2016/1/29の135レースのデータで見ると1位は他地区では殆ど見かけないALWAYS A RAINBOW(CAN)で1着15回、2着18回重賞3勝(うちGr.1を2勝)とぶっちぎってます。